2015年7月30日(木)

2015女子19歳以下世界選手権:個人成績統計上位(Pool Play)

国際大会

2015年7月29日(水)、国際ラクロス連盟(FIL)より、第6回FIL女子19歳以下世界選手権大会のPool Playにおける個人成績統計の上位者(Statistical Leaders Through Pool Play)が発表されました。

 

U19女子代表1 U19女子日本代表2

 

ポイント(Points Leader)、ゴール(Goals Leader)、アシスト(Assists Leader)、ゴーリー防御率(Goalies;Top Three Goals Against Average)の4部門が発表され、日本から、ゴーリー・#1・小野木千容選手がGoalies部門の1人になった他、#16・関口紗生選手がPoints・Goals・Assists部門の上位5位に入りました。

個人成績上位者(Statistical Leaders Through Pool Play)の詳細は、FILのホームページをご覧ください。

『Statistical Leaders Through Pool Play』はこちら (国際ラクロス連盟のホームページが開きます)

 

小野木選手 関口選手

[左:#1・小野木選手/右:#16・関口選手]

 

■フィールド選手部門(上位5位)

 Points
Name Country/No Goals Assists Points
1 Lucinda Maxwell Scotland/#5 14 12 26
2 Benedicte Sampson Scotland/#6 18 5 23
Miranda Ibello USA/#8 9 14 23
4 Sina John Germany/#14 20 2 22
関口 紗生 日本/#16 14 8 22
 Goals
Name Country/No Goals
1 Lindsay Hobson Finland/#8 21
2 Sina John Germany/#14 20
3 Benedicte Sampson Scotland/#6 18
4 Adéla Procházková Czech Republic/#12 16
5 Lucinda Maxwell Scotland/#5 14
関口 紗生 日本/#16 14
Stephanie Kelly Australia/#1 14
Lindsey Ronbeck USA/#12 14
Erica Evans Canada/#11 14
Karri Somerville Australia/#9 14
Julia Herzfelder Colombia/#6 14
 Assists
Name Country/No Assists
1 Miranda Ibello USA/#8 14
2 Lucinda Maxwell Scotland/#5 12
3 Holly Lloyd Canada/#20 11
4 Kenzie Neal Canada/#19 9
5 関口 紗生 日本/#16 8
Rebecca Lane Australia/#3 8

 

■ゴーリー部門(上位5位)

 Goals Against Average (GAA)
Name Country/No GAA Min GA Save *
1 小野木 千容 日本/#1 3.10 116 6 0.647
2 Samantha Giacolone USA/#5 3.21 168 9 0.308
3 Mallory Weisse USA/#10 4.55 132 10 0.167
4 Erin Parker New Zealand/#17 5.23 310 27 0.471
5 Zoe Parker England/#16 5.33 90 8 0.500

*GAA:防御率/Min:分/GA:失点/Save(Save Percentage):セーブ率(%)
*GAA(防御率)の算出に、Save(セーブ率)は関係ありません。
*Save Percentage(セーブ率)の数値で、小野木選手の数値(0.647)はトップの数値です。また、竹本萌優選手の数値(0.485)も3番目の数値です。

 

■日本ラクロス協会 twitter公式アカウントはこちらから (Twitterのページが開きます)
※世界選手権大会中は、試合結果を日本ラクロス協会HP『.Relax(ドット・リラックス)』で更新すると共に、Twitter協会公式アカウントでも試合速報をお伝えする予定です。
・ハッシュタグは、「#laxjpnfan」です。

Text by:日本ラクロス協会.Relax編集部

年代