2019年10月28日(月)

【レポート】第26回 東北学生ラクロスリーグ戦・女子決勝|宮城学院女子大学 vs東北大学

国内行事

学生地区リーグ戦

東北地区

女子のFinalは、5連覇がかかった東北大学と5年振りの東北制覇を目指す宮城学院女子大学が戦いました。開幕戦では東北大学が宮城学院女子大学に9-4で勝っておりましたが、予選リーグで東北大学が東北福祉大、東北学院大に敗れ2敗で第2位、宮城学院女子大が東北大以外に勝利し予選リーグ1位でFinalに進みました。第1Q、東北大学の先制点から始まり0-2、第2Q、両者2点ずつ取り2-4に。第3Q東北大学のフリーシューで1点が決まり、2-5になりました。東北大学が優勢で前半を終えました。その後は両者ともにDF時間が長く、ターンオーバーが連続する場面がありました。ここで焦ることなく自分達の宮城学院女子大学が追い上げを見せました。宮城学院女子大学は3Qでその後1点を決めると第4Q4点を決め、7-5で宮城学院女子大学が東北地区優勝を飾りました。応援席からは両大学ともに応援歌が響きわたり、フィールドにいるプレイヤーはもちろん、ベンチや応援席にいるメンバー全てが “東北地区優勝” に向けて一丸となっているのが感じられました。Finalに相応しい見る人を熱くさせる試合でした。

第26回 東北学生ラクロスリーグ戦・女子決勝

【日程】 2019年10月20日(月祝)
【試合会場】築館陸上競技場
【試合結果】宮城学院女子大学(7) vs (5)東北大学
【スコアレポート】スコアレポートはこちらから

【インタビュー】第26回 東北学生ラクロスリーグ戦・女子決勝|優勝した宮城学院女子大学の主将とHCインタビュー

Text by 東北学生ラクロスリーグ戦決勝戦 ゲームディレクター  新潟大学・田口真由

Photo by 東北大学・下地拓

 

年代