2019年5月16日(木)

ジュニアラクロス新ルール案のテストゲーム開催(3/31・4/27)

普及活動

関東地区

 

 

2019年3月31日(日)に東京都世田谷区の駒沢公園第一球技場、2019年4月27日(土)には東京都調布市のアミノバイタルフィールドにおいて、ジュニアラクロス新ルール案のテストゲームが行われました。

■イベント概要

■名称:ジュニアラクロスゲーム(テストゲーム)

■主催:一般社団法人 日本ラクロス協会 普及部

■日程・会場:

①2019年3月31日(日)東京都(世田谷区)・駒沢公園第一球技場

②2019年4月27日(土)東京都(調布市)・アミノバイタルフィールド

■参加人数(2019年4月27日)

子供:50名、大人 10名、ご父兄 20名、JLA普及部スタッフ 5名、学生連盟ジュニア班スタッフ 約10名、専修大学ラクロス関係者 約15名

■チーム校正数:低学年 2チーム、高学年 3チーム

■簡易的なルール

・人数 6vs6

・フィールドサイズ 48m×24m

・試合時間 10分ハーフ×2(2分休憩)

・チェック無し

・アイガード・グローブ着用

・反則時リスタートは被ファールチームがライン外側からリスタート

・チェック、プッシング、危険なシュートなど重い反則時は被ファールチームのフリーシュートでリスタート

 

 

近年、小学生世代を対象にしたジュニアラクロスの活動が各地で活発になって来たことを受けて、日本ラクロス協会(以下、JLA)でも「小学生が安全にラクロスを楽しめる」標準ルールを検討しており、その案を基にしたテストゲームを重ねています。

安全性重視の観点から、アイガード・グローブの着用、チェック無し、などを含めてルールを策定した後には、今年度中にもJLA主催でのジュニアラクロス大会の開催を計画しています。

ジュニア世代がラクロスを楽しむ場を増やし、未来のラクロスプレーヤーの裾野を広げることを目指して取り組んでいきますので、今後の活動もご注目ください。

 

2019年秋冬を目処にJLA主催大会の実施を予定しております。JLAホームページに参加チーム募集の告知いたしますのでご覧ください。

 

Text by 日本ラクロス協会理事・普及部長・田畑智教

Photo by 日本ラクロス協会事務局

年代