ボックスラクロスとは

“BOX”と呼ばれる室内のコートでプレーするスタイルのラクロス。1930年代にカナダで始まり、近年北米を中心に広がりを見せている。

フィールドラクロスとの違いとしてコートの大きさ、人数、ショットクロックなどがあり、付随してゲームの展開のスピード感やエキサイティングなプレーはフィールドをも上回る。プレースタイルもフィールドラクロスと異なり、狭いスペースで小さなゴールを狙うため、繊細なクロスワークとコントロールなどのスキルが求められる。

総じて、ボックスラクロスは「アグレッシブでスピード感のあるプレー」と、「細かなクロス捌きやコントロール」が要求される、ダイナミック且つ繊細なスポーツである。

※フィールドラクロスの説明に関しては、日本ラクロス協会の下記ページをご参照ください。

https://www.lacrosse.gr.jp/lacrosse/

私たちについて

SLOGAN

『OUT OF THE BOX』 

 

既存の枠に囚われない自由な発想を

「ボックスラクロス」から「外」へ

日本ラクロスを進化/深化させるインパクトを届ける

チーム代表挨拶

室井啓介

役職

ゼネラルマネジャー(General Manager)

出身校

東京大学

経歴

【日本代表】
2023年 男子代表ゼネラルマネジャー
【協会強化部】
2019年 男子関東ユースヘッドコーチ

ラクロス日本代表の活動をいつもご支援いただき、本当にありがとうございます。

日本ラクロス史上初のBOXラクロスの代表活動を、男女ともに組織することができたことを大変嬉しく思います。

新たな競技の知識習得から練習環境の準備に至るまで、選手、コーチ、スタッフ一丸となって試行錯誤しながら高め合っていく様は、さながら日本ラクロスの創設期を追体験しているかのような気持ちにさえなります。

国際舞台でのプレゼンス向上、男女世界大会の招致、ラクロスの五輪種目化決定、等々国内ではいまだかつてないほどラクロスという競技に注目が集まり露出が進んでいますが、そんな今だからこそ、自分たちの遊び場は自分たちで創るという我々のコミュニティの原点に立ち返り、謙虚且つ大胆な姿勢で臨む所存です。

日本ラクロスが次のステージへ駆けあがる瞬間を、ともに創りあげましょう。

応援のほどよろしくお願いいたします。

2024年 ラクロスBOX男女日本代表 ゼネラルマネージャー

鈴木直文

役職

ヘッドコーチ(Head Coach)

出身校

東京大学

経歴

【日本代表】
2017年 男子U22アシスタントコーチ
2019~2020年 男子DSアシスタントコーチ
2020~2022年 男子U19/20/21ヘッドコーチ
2022~2023年 男子ヘッドコーチ
【協会強化部】
2018年 男子関東ユースヘッドコーチ

ラクロスBOX日本代表は、この秋、男女揃ってはじめて世界に挑戦します。

活動理念としてOut of the BOXという言葉を掲げました。これには2つの意味があります。

ひとつは、既成の枠に捉われないという意味です。男女ラクロスの枠、日本ラクロスの枠、そしてボックスラクロスの枠を超えて、日本ラクロス文化が一層深化するようなうねりを巻き起こしていきたいという想いを込めました。

もうひとつは、箱から出したそのままの状態ですぐ使えるという意味です。世界初挑戦のボックス代表ですが、いきなり世界トップと渡り合ってみせる。そういうビジョンを表しています。

大会が行われるUticaは、ラクロスが発祥したホーデノショーニーの人々の土地にあります。日本に渡ったCreator’s Gameを、Creatorにお返ししにいくことになります。世界の平和と人々の幸せを願って、Medicine Gameを捧げて来たいと思います。

2024年 ラクロスBOX男女日本代表 ヘッドコーチ

大会情報

大会名

World Lacrosse BOX 世界選手権大会 2024

2024 World Lacrosse Box Championship

開催日程

2024年9月20日~9月29日

開催地

アメリカ・ニューヨーク州ユーティカ

UTICA, NEW YORK, USA

大会メイン会場

【Adirondack Bank Center】400 Oriskany St W, Utica, NY 13502

 

 

【Utica University Nexus Center】300 Oriskany St W, Utica, NY 13502

大会スケジュール

予選ラウンド

Pool A Pool B Pool C Pool D Pool E Pool F Pool G
カナダ イスラエル フィンランド チェコ共和国 オランダ オーストラリア ドイツ
ホーデノショーニー※1 香港 スイス スコットランド オーストリア スロヴァキア アイルランド
アメリカ メキシコ 日本 ジャマイカ イタリア プエルトリコ ポーランド
イングランド ベルギー ギリシャ 台湾※2 アメリカ領ヴァージン諸島※3 ハンガリー 中国

※1 ホーデノショーニー:ラクロス発祥のルーツといわれる、アメリカとカナダに跨る北米先住民族の連合。ボックスラクロスの世界大会にはホーデノショーニー代表が単独チームとして出場する。

※2 台湾=Chinese Taipei

※3 アメリカ領ヴァージン諸島=US Virgin Island

主な練習会開催地

  • 北戸田MISC

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木1丁目8-2

 

  • 大井ホッケー場多目的コート

〒140-0003 東京都品川区八潮4丁目1-19

パートナー

NATIONAL TEAM PARTNER

日清食品株式会社

JLAトップパートナー

JLAトップパートナーとして、日本代表ダイヤモンドパートナーと、4選手権大会(全日本大学選手権、全日本クラブ選手権、全日本選手権A1、全日本学生新人選手権)のダイヤモンドパートナーを通じて、JLAの既存の大会や活動を盛り上げるだけに留まらず、これまでのJLAの活動の延長線上にはない、未来志向で野心的な取り組みを共に行っていきたいと考えています。

https://www.nissin.com/jp/

サイボウズ株式会社

JLAリードパートナー

JLAリードパートナーとして、日本代表プラチナパートナー、4選手権大会(全日本大学選手権、全日本クラブ選手権、全日本選手権A1、全日本学生新人選手権)のゴールドパートナー、JLA Community & Culture パートナーを通じて、日本ラクロスに関わる全てのメンバーのより良いチームワーク形成に貢献してまいります。

https://cybozu.co.jp/

BRAND DESIGN PARTNER

株式会社 VASALLO

ラクロス男女日本代表チームのアパレル・グッズデザインを通じてラクロス日本代表のブランド価値を戦略的に高め、日本発で、世界のラクロス用品/アパレル市場の拡大・活性化に取り組んでまいります。

https://vasallo.shop-pro.jp/

JLAの公式リリースはこちら

MADICAL SUPPPLIER

伊藤超短波株式会社

世界の競合国との連戦を勝ち抜くため、大会中だけではなく、合宿や練習時にも常に最高のコンディションを保ち、負傷をした場合にもより早く回復するための物理療法機器を提供いたします。

https://www.itolator.co.jp/