• トップ
  • 第18回全日本クラブ選手権大会:準決勝(女子・京都会場)

第18回全日本クラブ選手権大会:準決勝(女子・京都会場)

2016/12/02

日時:2016年11月19日(土)
会場:京都府(京都市)・宝が池球技場

NLC SCHERZO(エヌエルシースケルツォ・白) vs FUSION(フュージョン・黄)

NLC SCHERZOFUSION
 
チーム 前半 後半 合計
NLC SCHERZO [関西1位]
(エヌエルシースケルツォ)
1 3 4
FUSION [東日本2位]
(フュージョン)
4 6 10
得点者
NLC SCHERZO FUSION
#44 小引 千尋 (2)
#18 内野 麻子 (2)
#5 木村 有希 (1) #2 牧野 優佳 (1)
#10 井倉 涼子 (1) #11 杉本 美歩 (1)
#12 河合 由美 (1)
#16 板敷 美穂 (1)
#17 水戸 理恵 (1)
#20 飯塚 菜々恵 (1)
#25 河内 由気 (1)
#28 小仲井 明日香 (1)
審判員
主審 宮崎 彩
副審 喜嶋 志穂子
福井 美奈子
テーブルオフィシャル 草刈 かなこ
審判団

ゲームレポート
 木々の紅葉がきれいな京都。天候が心配されたが、雨も上がり、無事にラクロス全日本クラブ選手権準決勝戦を開催した。

 ホームは、関西王者で13大会連続出場のNLC SCHERZO。対するは去年のリベンジに燃えるFUSION。決勝戦進出に向けて熱い戦いが、宝が池球技場で繰り広げられた。

試合1試合2

前半
 試合開始から、FUSIONの攻めが続く。第1発目のシュートは11m扇エリア内でのファール後、パスを回してからのFUSION#20飯塚のシュートだった。引き続き、FUSIONの攻めが続き、#2牧野のシュートが入った。
 なかなかペースが掴めないNLC SCHERZO。FUSIONの猛攻に粘り強いディフェンスでゴールを守る。その甲斐あってボールをゲットし、念願の1点目をNLC SCHERZO#5木村が決めた。

 取り返そうと、FUSIONの反撃がNLC SCHERZOを襲う。FUSIONのフリーシュートをNLC SCHERZOのゴーリーがナイスセーブ。そこからNLC SCHERZOの猛攻が始まる。ゴール裏からのパス回しから、フリーシュートのチャンスをセンターハッシュで貰ったが、FUSIONの頑丈なディフェンスに憚れる。NLC SCHERZOの攻めは続いたが、パスミスが続き、パスミスからFUSIONボールとなりFUSION#12河合のシュートが入る。
 しかしその後、FUISONのゴール横でのパスミスがあり、そこを見逃さないNLC SCHERZO。ボールを必死に持ち上がりゴールに迫ったが、FUSIONゴーリーのナイスセーブ。ここから再び、FUSIONの攻めが始まる。ゴール周りのアシストにより、ゴール前にいたFUSION#25河内のシュートが決まり会場が沸いた。

 耐えかねて、NLC SCHERZOがタイムアウトを取る。
 タイムアウト開けもNLC SCHERZOはペースが掴めず、FUSION優勢。FUSIONの11m扇エリア内のポジショニングが広く、パスを回すごとにNLC SCHERZOは振り回される。
 そのままFUSIONが優勢のまま、1-4。FUSIONのリードで前半戦を折り返した。

試合3試合4

後半
 後半開始1分。フリーシュートを得たNLC SCHERZOだが、ポストに嫌われる。その後も果敢にシュートを撃ち続け、ゴール裏からのパス回しにより、ベストポジションにいたNLC SCHERZO#44小引にパスが渡り、久々のシュートが入った。このシュートでNLC SCHERZOは勢い付き、#10井倉の1対1によりさらに追加点が入り1点差に。

 立て直すため、FUSIONのタイムアウト。
 タイムアウト開け、イエローカードによりNLC SCHERZOのマンダウン。その状態でも果敢に攻めるNLC SCHERZO。FUSIONのファールにより、2番ハッシュからのフリーシュートを得た#44小引が同点のゴールを決めた。
 会場は盛り上がり、どちらのチームが先に点を決めるか。応援の声も大きくなる。
 退場者も戻り、さらに勢いを増すNLC SCHERZO。が、しかしここで黙っておかないのがFUSION。安定のあるパスまわしでゴールに詰め寄る。ゴール裏からのアシストで#28小仲井が決めてFUSIONの1点リードとなった。
 この1点で、流れがFUSIONに戻ってきた。さらにFUSION#18内野が立て続けに決めた。さらに#16板敷が11m扇エリア内でフリーになり、シュートを決めて点差を広げていった。

 ここでNLC SCHERZOのタイムアウト。
 タイムアウト開け、試合残り時間は5分ほど。両方のパスがうまく回らない。NLC SCHERZOの勢いのあるシュートも、FUSIONのゴーリーのナイスセーブでネットを揺らせない。
 残り時間3分を切った。FUSIONの攻めとなり、また、広いポジショニングにより、NLC SCHERZOのディフェンスが崩れ、FUSION#18内野のシュートが決まった。FUSIONの攻めは続く。残り時間も無い中、FUSIONボールが続く。なかなかNLC SCHERZOはボールを取り返せない。その中、FUSION#17水戸のシュートが入った。もうFUSIONは止まらない。崩れたNLC SCHERZOのディフェンスに対して駄目押しの1点をFUSION#11杉本が決め試合終了。

 結果は、4-10でFUSIONの勝利。太陽輝く中で、観客に挨拶をしFUSIONが決勝戦の切符を手に入れた。


 *第18回ラクロス全日本クラブ選手権大会・大会特設ページはこちら

試合5試合6
試合7試合8
試合9試合10
試合11試合12


Text by 日本クラブチームラクロス連盟関西支部女子支部長・中島真理
Photo by 日本ラクロス協会広報部次長(関西地区)・中山崇