• トップ
  • 第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会・準決勝戦(女子・東京会場)(2)

第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会・準決勝戦(女子・東京会場)(2)

2014/11/29

日時:2014年11月23日(日) 9:50試合開始
場所:東京・大井ふ頭中央海浜公園第二球技場

第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会
準決勝戦 CHEL(白) vs Crazy Scorpions(紫)

試合試合

ゲームレポート
 2014年11月23日(日)、東京都(品川区)・大井ふ頭中央海浜公園第二球技場にて、ラクロス全日本クラブ選手権大会準決勝を行った。対戦カードは東日本リーグ1位CHEL 対 西日本リーグ2位 Crazy Scorpions(以下、クレスコ)。

前半
 CHEL#23池田とクレスコ#17山田のドローで試合開始された。どちらもボールを奪いセットオフェンスに持ち込むも決めきれず落ち着かない展開が続く。
 前半9分#15河内(由)のカットインからのシュートが決まり先制点。CHELがついに均衡を破った。
 続く前半10分、クレスコ#13松浦がカットインからシュートを打つも枠の外。その後CHELがボールを奪い、攻めるもパスミスにより、クレスコのポゼッション。お互いミスが増えターンオーバーが続く。
 前半16分、クレスコ#7中西がCHELファウルによりフリーシュートを獲得するも決められず。お互い攻めあいチャンスもあったが決めきれず試合は動かぬまま。

試合試合

 試合が動いたのは、前半20分、CHELのファウルによりクレスコのフリーシュート。そこからパスをしクレスコ#9服部が得点。1-1とする。
 前半22分クレスコ#7中西のカットインからのシュートを放ち、観客を沸かせるも、シュートは決まらず。24分、CHEL#15河内(由)によるシュートが決まり得点。2-1とし、前半終了。
 前半は両チームとも自分たちのペースが作れず、チャンスを活かせない展開となった。

試合試合

後半
 CHEL#23池田、クレスコ#9服部のドローで後半が開始され、CHELがポゼッションし、セットオフェンスに持ち込み、#23池田の1対1からシュートを放ち得点。3-1とする。後半開始早々CHELが勢いをみせる。
 後半7分、CHEL#15河内(由)からのフィードに#18木下がカットインであわせ得点。4-1とする。続く12分、#15河内(由)がカットインによりフリーでシュートを放ち得点。5-1とリードを広げる。

試合試合

 ここでクレスコがタイムアウトをとる。タイムアウト後もCHELが攻めるも、ミスによりシュートまでいけず。ここでクレスコが攻める。後半15分クレスコ#7中西からのフィードに#4橋本がカットインであわせて得点。5-2とする。続く17分、クレスコ#14後路の1対1から得点。立て続けにクレスコが得点する。
 ここでCHELが反撃にでる。後半18分クレスコのファウルによりフリーシュート。#77國見がシュートではなく#72昆野へパスをしシュートを放つ。6-3とする。19分、CHEL#15河内(由)のシュートが決まり7-3とリードを広げる。

試合試合
 
 勢いにのったCHELは攻め続ける。ドローをとったCHELが#77國見の1対1で得点。8-3とする。21分、CHEL#15河内(由)のゴール裏からのフィードに#24藤田があわせ得点。9-1とする。ドローをCHELが獲りさらに攻める。#15河内(由)がフリーでパスを受け1対1で得点。10-3。#15河内(由)はこの日5得点目。
 CHELは最後まで攻撃の手を緩めない。最後は#44河内(未)がカットインによりきっちり決め11-3とし、試合終了。
 
 両チームとも最後まで全力で戦い抜いたが、後半に怒涛の攻めをみせたCHELが強さをみせつけた試合となった。CHELは11月29日(土)、大阪府(大阪市)・鶴見スタジアムで行われる決勝戦に出場します。

フォトギャラリー
試合試合
試合試合
試合試合
試合試合


ゲームスコア・得点者ページに戻る


・Text:日本クラブチームラクロス連盟東日本支部支部長・今井里奈
・Photo:日本ラクロス協会オフィシャルフォトグラファー・海藤秀満、同広報部・前田浩一、山田航太