• トップ
  • 第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会・準決勝戦(女子・京都会場)(2)

第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会・準決勝戦(女子・京都会場)(2)

2014/11/28

第16回ラクロス全日本クラブ選手権大会
準決勝戦 NLC SCHERZO(白) vs FUSION(黄)

試合試合

ゲームレポート
 2014年11月22日(土)、京都府(京都市)宝が池球技場にて、全日本クラブ選手権準決勝を行った。対戦カードはNLC SCHERZO(以下、NLC)対FUSION(以下、FUS)と、昨年のクラブ選手権準決勝と同一カードとなった。昨年は1点差でNLCが勝利したが、今年は「リベンジ」か「返り討ちか」注目のカードとなった。

試合試合

前半
 NLC#13伊藤とFUSION#11杉本のドローで試合開始され、NLCがポゼッションし、そのままセットオフェンスに持ち込む。最初のシュートを放ったのはNLC#10井倉、フリーシュートを得るも枠を外す。続いてNLC#22青木のカットインやNLC#19山田の1対1でシュートを放つも、なかなか枠を捉えきれない。しかし前半4分、NLC#10井倉のフィードにNLC#5木村がゴール前で合わせて貴重な先制点。NLCは試合開始から1度もポゼッションを失う事なく攻め続け、この日チーム6本目のシュートで遂に均衡を破った。

試合試合

 前半5分を迎えやっとFUSがセットオフェンスの機会を得る。FUS#31堀田がファウルによって得たフリーシュートをNLCディフェンスに囲まれながらも決め切り、1-1の同点とする。
 続く前半9分、NLC#19山田が、この日集まった多くの観客を大きく湧かせる華麗なプレーを見せる。ゴール左上の1対1からゴール裏に流れていくと見せかけて、ビハインドシュートを放つ。FUSのゴーリーが一歩も動けない見事なシュートがゴールに突き刺さり、再び2-1とNLCがリードを奪う。

 前半10分を過ぎると試合は膠着。FUSのチャンスにNLCゴーリー#4富田がビッグセーブを見せると、その直後にはNLCのゴール前でのシュートをFUSゴーリ―で主将の#10岩田もビッグセーブを見せる。

試合試合

 均衡を破ったのはNLC#19山田、1対1から豪快にランニングシュートを決め、3-1とリードを広げる。
 この後のドローでFUSがディレイオブザゲームを犯し、NLCポゼッション。そのままセンターからNLC#22青木が独走し、ゴール。4-1とする。相手のミスで得たポゼッションを確実に得点に結びつけ、NLCが前半の主導権を握った。FUSはたまらずタイムアウトをとり、立て直しを図る。
 タイムアウト明けのドローもNLCがポゼッション。流れを渡さないという強い意志が見える。この流れから前半19分、NLC#12浅井がゴール裏からの1対1で中へ切れ込みシュート叩き込む。これで5-1、4点差となる。

試合試合

 しかしFUSも前半終了1分前にFUS#16板敷がカットインからゴール。後半に向けて貴重な得点を得る。このまま5-2とNLCリードで前半を終えた。
 前半は、全国大会らしくミスが少ない試合展開の中で、ゴールに向かって仕掛けていくNLCの積極性が目立つ展開となった。


後半
 NLC#13伊藤、FUS#11杉本のドローで後半が始まる。ドローをFUSが取るも、バックパスをNLC#8蜂須賀がカット、NLCのオフェンスとなる。しかし、FUSは自陣で再びボールを奪い返すと、FUS#17水戸がオフェンスへと運んだボールをFUS#20飯塚が得点。
後半最初のゴールはFUSが奪い、5-3と迫る。

 後半4分、NLCが取り返す。ファウルから得たフリーシュートをNLC#19山田が確実に決めて6-3と再び3点差。

試合試合

 続くドローはFUSがポゼッション。ここからはFUSのオフェンス時間が続く。しかし、NLCの粘り強いディフェンスの前に、なかなか得点は奪えない。後半10分にはゴール正面の絶好の位置でフリーシュートを得て、ゴーリーのスティック逆サイドを突くシュートを放つも、NLC#4富田の見事なセーブの前に得点は奪えなかった。
 前半同様、後半も中盤を迎えて均衡していたが、遂に均衡が破れる。
 後半13分、FUS#20飯塚がゴール右横からの1対1からゴール前に切り込み、シュートを決めて6-4。続く14分にも再び同じ流れから同じくFUS#20飯塚が得点し、遂に6-5と1点差に迫り、たまらずNLCはタイムアウトを取る。ここでNLCはゴーリーを#15西村に交代し、主導権を取り戻すべく策を打つ。
 しかし、流れはFUS。後半残り6分を切った所でFUS#16板敷が1対1から華麗なロールダッチでゴール前に切り込み得点。
6-6と、遂に試合は振り出しに戻る。

試合試合

 試合時間も残り3分を切って、この試合で最も重要となるであろう次の1点を求め、両チーム共に果敢に仕掛ける。
 NLCは#12浅井、#19山田を中心に積極的に勝負を仕掛けると、残り1分、NLC#10井倉の1対1に対しFUSが堪らずファール。
そのフリーシュートを確実に決め切り、7-6と、この土壇場でNLCが勝ち越す。
 残り時間あとわずか、NLCは逃げ切りを図るべく、自陣内でゴーリ―を中心としてパスを回すのに対し、FUSは激しいライドでボールを奪いに行く。するとゴールを飛び出したゴーリ―からFUSがボールを奪う。そして同点弾を狙い、FUS#17水戸が無人のゴールにシュート放つも、ここで無情のタイムアップ。7-6で昨年同様、関西をホームとするNLCがFUSに勝利し、クラブ選手権決勝へと駒を進めた。

試合試合

 両チームとも全力で最後まで戦い抜き、試合終了後には自然に観客席から拍手が起こる素晴らしい試合となった。
NLCは11月29日(土)、大阪府(大阪市)鶴見スタジアムで行われる決勝戦に出場します。


ゲームスコア・得点者ページに戻る


・Text:日本クラブチームラクロス連盟西日本支部・祖父江真吾(OPEC VORTEX)
・Photo:日本ラクロス協会広報部次長(関西地区)・中山崇