• トップ
  • 全日本ラクロス大学選手権大会の歴史

全日本ラクロス大学選手権大会の歴史

2016/04/29

 2009年に始まった、全日本ラクロス大学選手権大会は、今年で8回目を迎えます。

男子優勝・日本体育大学女子優勝・明治大学
[左右:2015年度大会で優勝した、男子・日本体育大学、女子・明治大学]

 この大会は、全国の約260チームが大学日本一の座を目指す大会であるのは勿論のこと、ラクロスのOB・OGから現役選手・関係者など全ての人たちが一堂に会す「ラクロス人、全員集合!」の場に、また、選手のご家族・ご友人、ラクロスファンの方々が「ラクロスを楽しむ」場になることを目指し、始まりました。

 昨年は、東海地区の1回戦、関西地区の準決勝戦においてともに過去最多の来場者数を数え、大会全体としても一番来場者数が多い年となりました。
 そして今年は、東海地区で初めて準決勝戦を開催します。もう一つの準決勝戦会場である関西地区、そして決勝戦会場となる関東地区の全てにおいて、素晴らしい戦いが繰り広げられることでしょう。
 
 大会の会場
 1989年。第1回ラクロス国際親善試合が開催された駒沢オリンピック公園陸上競技場。その20年後、日本ラクロスの礎を築いたこの会場で、日本ラクロスの新たな歴史を刻み始めたのが、この全日本ラクロス大学選手権大会です。
 2012年に北海道地区が日本学生ラクロス連盟の支部化を果たしてから後、本戦は、関東・関西・東海のそれぞれの会場で開催してきました。

 今年は、1回戦を東京都(品川区)・大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場で、準決勝戦を、大阪府(大阪市)・ヤンマーフィールド長居と、愛知県(名古屋市)・港サッカー場で行います。東海地区で大学選手権の準決勝戦を開催することは初めてとなります。
 そして、決勝戦は、1989年以来、日本ラクロスの節目を飾ってきた、東京都(世田谷区)・駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場です。

駒沢陸上競技場1駒沢陸上競技場2
[写真:決勝戦を行う駒沢オリンピック公園陸上競技場]
 
 優勝校
 これまで、男女延べ9チームが大学日本一に輝いてきました。そして、準優勝校を含めると男女延べ17チームが決勝戦の舞台に勝ち上がってきています。
 今年も、大学日本一の栄冠を目指し、激しい戦いが繰り広げられることが期待されます。 
 
開催年 大会 男子 女子
優勝 準優勝 優勝 準優勝
2009 第1回 一橋大学 関西学院大学 東海大学 大阪国際大学
2010 第2回 早稲田大学 京都大学 日本体育大学 同志社大学
2011 第3回 早稲田大学 京都大学 関西学院大学 立教大学
2012 第4回 慶應義塾大学 京都大学 慶應義塾大学 金城学院大学
2013 第5回 早稲田大学 神戸大学 慶應義塾大学 関西学院大学
2014 第6回 慶應義塾大学 関西学院大学 明治大学 関西学院大学
2015 第7回 日本体育大学 大阪大学 明治大学 関西学院大学
2016 第8回 11月27日(日)・決勝戦
 
 個人表彰
最優秀選手賞1最優秀選手賞2
[左:2015年男子最優秀選手・ 長谷川遼選手/右:2015年女子最優秀選手・ 寺西志保美選手]
 
大会 男女 表彰 氏名 大学
2009 第1回 男子 最優秀選手賞 細井 広高 一橋大学
優秀選手賞 中嶋 輝也 関西学院大学
女子 最優秀選手賞 今川 万里恵 東海大学
優秀選手賞 森寺 麻衣 大阪国際大学
2010 第2回 男子 最優秀選手賞 加藤 啓介 早稲田大学
優秀選手賞 樋口 雄太 京都大学
女子 最優秀選手賞 添田 千聖 日本体育大学
優秀選手賞 藤高 彩 同志社大学
2011 第3回 男子 最優秀選手賞 小柳 光輔 早稲田大学
優秀選手賞 村井 彰弘 京都大学
女子 最優秀選手賞 小田 早織 関西学院大学
優秀選手賞 飯塚 菜々恵 立教大学
2012 第4回 男子 最優秀選手賞 粟田 隆宏 慶應義塾大学
優秀選手賞 副島 孝仁 京都大学
女子 最優秀選手賞 小川 絵里子 慶應義塾大学
優秀選手賞 中島 ゆめの 金城学院大学
2013 第5回 男子 最優秀選手賞 忠平 裕司 早稲田大学
優秀選手賞 渡里 隆志 神戸大学
女子 最優秀選手賞 廣野 マキ 慶應義塾大学
優秀選手賞 後藤 咲 関西学院大学
2014 第6回 男子 最優秀選手賞 陳野 クリス 真澄 慶應義塾大学
優秀選手賞 喜田 裕也 関西学院大学
女子 最優秀選手賞 多賀 麻文 明治大学
優秀選手賞 兼任 春奈 関西学院大学
2015 第7回 男子 最優秀選手賞 長谷川 遼 日本体育大学
優秀選手賞 福原 祥平 大阪大学
女子 最優秀選手賞 寺西 志保美 明治大学
優秀選手賞 神保 舞香 関西学院大学

Text by 日本ラクロス協会.Relax編集部