• トップ
  • 第7回全日本大学選手権大会:準決勝戦(男子・京都会場)(2)・ゲームレポート

第7回全日本大学選手権大会:準決勝戦(男子・京都会場)(2)・ゲームレポート

2015/12/14

日時:2015年11月21日(土) 11:00試合開始
場所:京都府(京都市)・宝が池球技場


大阪大学(白) vs 南山大学(青)

大阪大学南山大学

 *ゲームスコア・得点者ページはこちら

ゲームレポート
 寒さが冬に近づくこの時期に、初の関西制覇を成し遂げた大阪大学(以下、阪大) 対 昨年の無念を晴らすべく意気込む、東海王者・南山大学(以下、南山)の試合を宝が池球技場にて行った。

準決勝1準決勝2

第1Q
 最初のフェイスオフは南山が制す。だが開始5分、エキストラマンオフェンスのチャンスを得た阪大が、#7・福原がシュートを決め、先制する。8分、さらに攻め続ける阪大は、南山ゴーリーのパスを#73・山口がパスカットし、シュートを決め、2-0となる。また、第1Q終了直前にも阪大が得点を重ね得点3−0となり、終了。

準決勝3準決勝4

第2Q
 得点が欲しい南山が果敢に攻め入るも、阪大の堅いディフェンスに阻まれなかなか得点が入らない。対する阪大は第2Q6分、#66・塩見が1対1から見事なランニングシュートを決め得点4-0。
 その後、両チームとも攻め続けるも得点入らず第2Q終了。

準決勝5準決勝6

第3Q
 このまま突き放したい阪大は第3Q2分、#11・福間がディフェンスを抜き去り得点を加え得点5-0とする。
 しかし、9分、南山のゴーリー#8・丸山のナイスパスが#7・加藤へと繋がり、南山が得点を決める。これで流れを掴むかと思われたが、その後得点を積み重ねる事が出来ない。
 一方阪大は#66・塩見のシュートが決まると、さらに残り2分を切ったところで、阪大#4・山下(祥)が華麗にディフェンスを抜き去り得点を重ねた。得点7-1で第3Q終了。

準決勝7準決勝8

第4Q
 追いつきたい南山と、さらに突き放したい阪大だが、両者得点を狙うも、なかなか得点する事ができない。残り5分、阪大#25・森がシュートを決め、阪大が均衡を破る。このまま試合終了と思われたが、試合終了直前、エキストラマンオフェンスを得た南山が得点し、得点8−2となり、試合終了。

準決勝9準決勝10

 関西の王者・阪大と東海の王者・南山との試合は、終始阪大が流れを掴み、8-2で阪大の勝利に終わった。勝った阪大は、2015年11月28日、駒沢オリンピック公園陸上競技場にて行う第7回全日本ラクロス大学選手権大会決勝戦で、もう一つの準決勝戦、関東1位の日本体育大学 対 北海道1位の北海道大学の勝者と試合を行う。
 関西王者として是非健闘していただきたい。


・Text:日本学生ラクロス連盟西日本支部広報委員会ゲームレポート班・増田椋(立命館大学)、吉田一喜(関西大学)、福本 昌也(同志社大学)
Photo:日本ラクロス協会広報部(関西地区)・陶器淳
 

 決勝戦:2015年11月28日(土)
  ・東京都(世田谷区)・駒沢オリンピック公園陸上競技場

 *『第7回全日本ラクロス大学選手権大会』特設ページはこちら
 
過去の優勝校 男子 女子
第6回 (2014) 慶應義塾大学 明治大学
第5回 (2013) 早稲田大学 慶應義塾大学
第4回 (2012) 慶應義塾大学 慶應義塾大学
第3回 (2011) 早稲田大学 関西学院大学
第2回 (2010) 早稲田大学 日本体育大学
第1回 (2009) 一橋大学 東海大学
大学選手権1大学選手権2
大学選手権決勝