東北地区・第1回フレッシュマンクリニック(女子)

2018/07/05

 東北地区では2018年5月20日(日)に、宮城県(仙台市)・宮城広瀬総合運動場にて、女子の第1回フレッシュマンズクリニックを開催した。今回のフレッシュマンズクリニックに参加した大学は、以下の6校であった。
 ・東北大学:22人
 ・東北学院大学:2人
 ・宮城学院女子大学:12人
 ・東北福祉大学:10人
 ・福島大学:6人
 ・日本大学:3人

東北地区・第1回フレッシュマンクリニック(女子)東北地区・第1回フレッシュマンクリニック(女子)
[左:自主練ブースでパスキャッチする様子/右:全体集合写真]

 午前中には、各ブースに分かれて「シュート」「グラウンドボール」「クロスワーク」「パスキャッチ」の基本的な技術の練習を行った。各ブースで、シュートのポイントやコースに打つ難しさ、グラウンドボール時の体の入れ方、クロスの持っていき方やスナッチなどを学んだ。
 午後にはグラウンドボール始まりの各チーム対抗のゲームを行った。

 今回のクリニックでは、ほとんどの参加者が他大学との交流を通し多くの技術を学ぶことができた。ブース別練習では楽しそうに学ぶ姿が見られ、ゲームではコーチやチーム内の選手同士で作戦を組む姿も見られた。基本を学ぶことで、ラクロスの楽しさをより一層感じられたいい機会となった。積極的に質問などをして学ぶ姿や周囲とのコミュニケーションをとり、ボールに執着心のある動きから、今後の成長が期待される。

 運営側としても、1年生の育成の参考になる良い機会となった。他大学の1年生の様子を見て、「頑張ろうというやる気がわいた」という上級生も多く、1年生も他大学からの刺激を受け、成長できたように思われる。
 今後も上級生・下級生問わず、たのしくラクロスを学び、成長できるようなフレッシュマンズクリニックを開催していきたい。


東北地区・第1回フレッシュマンクリニック(女子)東北地区・第1回フレッシュマンクリニック(女子)
[左:試合前の作戦会議/右:全体で記念撮影]

【関連リンク】
 *2018年 フレッシュマンクリニック(男子)

 *2017年 フレッシュマンクリニック(女子)
 *2016年 男子第1回フレッシュマンクリニック
 *2016年 女子第1回フレッシュマンクリニック


Text & Photo by 日本ラクロス協会東北地区内学生連盟新人委員・大槻夕夏