2018年度・全国強化指定選手活動人事決定のお知らせ

2018/01/28

 日本ラクロス協会理事会は、2018年1月20日(土)開催の定例理事会において、2018年度女子強化指定選手活動に関する下記項目について審議の上、承認致しましたので、お知らせ致します。
 尚、本決定に際しては、日本代表プロジェクト推進委員会(NPC)が、当協会ウェブサイトにて2017年12月28日付で実施した公募の結果も踏まえて検討した推薦案を、上記理事会にて審議、承認しました。

 
 2018年度女子強化指定選手活動
 ゼネラルマネージャー
内山GM
内山 典子
 淑徳大学女子ラクロス部出身
 1997~98年 普及部長
 2011年 女子香港代表アシスタントコーチ
 2013年 女子香港代表ヘッドコーチ
 2017年 女子日本代表ゼネラルマネージャー
 ヘッドコーチ
井川 裕之
 海城高校男子ラクロス部(設立)
 東京学芸大学男子ラクロス部(設立)
 2009年 女子22歳以下日本代表アシスタントコーチ
 2011年 女子19歳以下日本代表ヘッドコーチ
 2014~2015年 ラクロス全日本選手権大会優勝
   (明治大学女子ラクロス部ヘッドコーチ)
 
活動名称  全国強化指定選手活動
 (英名:Japan National Development Squad)
活動期間  2018年2月~
活動概要  2018年2~6月および12月に月1回、首都圏での活動を予定。
 海外遠征も実施検討予定。
活動目的  2021年及びそれ以降の世界大会に於いて、
 日本代表として世界のトップ国と伍して戦える選手の輩出。
補足  2018年は女子競技のみを対象に活動します。
 (男子競技を含めた2019年以降の活動については、今後検討して参ります)
 
日本代表プロジェクト推進委員会
深澤 哲雄